人事委員会勧告への対応(教育長要請)

 10月18日(月)14:30、15日に出された人事委員会勧告を受け、教育長への要請を行いました。
 県職連からは、髙橋議長・県職労委員長、川口県教組委員長と高教組委員長(私・澁谷)が出席しました。
 私からは、まず、教員にとって生徒に向き合える時間がいかに大切か、教員のストレスがどれほど生徒に悪い影響を与えるかを話し、多忙化長時間過密労働の解消を訴えました。また、コロナ対応で休日出勤しても手当が全く出なかった実態を話し、必要な予算請求を教育委員会としてしっかりやってもらいたいと要請しました。
 また、髙橋議長が地公臨職員の給与水準の低さを指摘してくれたので、学校現場での地公臨職員の多さと、有能さ、にもかかわらず正規職員と同一の賃金でないことの不合理を訴えました。
 教育長は大学の教授であり、組合との話し合いには不慣れなためか、終始、困惑した表情で(ちょっと気の毒な感じがしました)対応していましたが、帰りがけ最後に私が「今日はこんな話しかできませんでしたが、今度は教育の話をゆっくりとできればと思います」と言うと、にっこりと笑顔で「そうですね、お待ちしています」と返してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です