2021年度7月支部代表者会議

 7月13日(火)、支部代表者会議が開かれました。本部役員と高崎、太田、渋川の各支部と現業部の代表者が集まりました。

 各支部の様子のほか、本部に寄せられた、「地公臨職員のボーナス」や「スクールネットでの成績処理に係る非常勤職員への負担」の問題が話題にされました。

 「地公臨職員のボーナス」については、市立から県立の学校に異動になった職員のボーナスが、市立勤務分の月数がカウントされないため低くなってしまうというもので、制度的に仕方ない部分もありますが、組合としては対処していかなければならない問題であることが確認されました。これは、ある高校の事務長さんが気の毒に思って組合員に相談してくれたもので、「ああ、こんなふうに職員のことを親身になって考えてくれる管理職がいるんだなあ」とちょっと感激し、ありがたく思いました。

 「成績処理に係る非常勤の職員への負担」については、正規の職員が代わりに入力するなどして、負担を軽くしているという事例が紹介されました。

 また、7〜8月期の主な活動としては、第45回「永年勤続退職組合員を祝う会」(8/1(日)11:30受付開始)や「対県教委 夏の要請行動」(8/5(木)13:00打合せ開始)などがあり、これらについて協議されました。

 その他にも、これから夏休みに入り「全国教育のつどい」があり、休み明けには「全教・教組共闘関東甲越ブロッック学習会」、「2021年度第1回中央委員会」があります。本部からの書類を確認して、取り組みをお願いします。

“2021年度7月支部代表者会議” への1件の返信

  1. 支部代の話題は伊勢崎支部のグループラインでも発信しました。すぐに話題が共有できるのはいいですね、やっぱり。一人の視点では捉えきれない側面を指摘されて初めて気付いたりすると、おおっ俺もまだ伸び代があるんだなぁ。もっと成長しなきゃと励みになります。

    執行部では8/5対県教委要請に向けて要請書の見直し中です。
    その次は9/11中央委員会議案書とやることはそれなりにあって、充実した夏休みになりそうです。

    それと、
    夏と言えば、『ゆきとどいた教育をすすめる全国署名』だいね。というくらい定番の恒例行事にして、家族や親戚も巻き込んで取り組んでもらいたいと思います。勿論子供が書いたってOK。だって自分が教育を受ける当事者ですもん。大人になってから、あぁ夏休みになると署名書いたよねって、一夏の思い出になるくらいにだといいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です