文字サイズ変更
TOP支部・専門部>司書部

司書部


さらなる前進を求めて

 昨年度は、「改正学校図書館法」が4月に施行されました。学校司書の名称が明記されたものの、必置には及びませんでした。学校司書部では学校図書館へのさらなる理解を求め、関係機関への要請や懇談を行なってきました。「学校図書館の充実」等の署名など、活動も継続しています。
 県内においては、学校司書採用にあたり「専任・専門・正規」を強く訴えるとともに、地公臨職員を含めた学校司書の身分・権利の確立、給与の不均衡是正、図書費の増額など教育委員会と交渉を進めてきました。
 今年度も、5月14日第63回司書部総会を開催し、学校司書の配置がさらに進むよう引き続き活動していくことを決議しています。
 あなたも司書部として一緒に活動しませんか。わからないことや困ったこと、不安や憤りなど、何でもお寄せください。司書部は、あなたと一緒に考え、解決に努力します。
 図書費の確保など学校図書館の充実はもちろん、学校司書の身分・権利、研修の充実など課題の多い現状に、一人で悩まず、高教組司書部にご相談ください。みんなで考え解決していきましょう。

  2016年5月

群馬県高等学校教職員組合 司書部

(この項 2016年5月22日掲載)


新たな飛躍の年度に

 5月9日(土)、退職された小林さんの退職を祝う昼食会につづき第62回司書部総会を開催しました。
 みなさんの協力で実現した学校図書館法改正、高退教司書部との連携で成功させた全国学校図書館学習交流会など昨年度を振り返り、新たな年度への取り組みを開始しました。

 図書費の確保など学校図書館の充実はもちろん、学校司書の身分・権利、研修の充実など課題の多い現状に、一人で悩まず、高教組司書部にご相談ください。みんなで考え解決していきましょう。

(この項 2015年5月16日掲載)


新春のお慶びを申し上げます

羊 昨年の「学校図書館の充実」「学校司書の配置」の署名では、多くのみなさんにご協力いただきました。ありがとうございました。改正学校図書館法が成立したことも、私たちの地道な活動が実を結んだのだと思います。
 司書部では法改正を願い様々な取り組みをしてきましたが、改正直後には、県選出国会議員事務所を訪れ、学校図書館への理解を求めるとともに、文部科学省など関係部局へ、学図法の主旨が活かされるよう要請や懇談も行っています。

 さらに、県教育委員会とも交渉を進め、学校司書の資質を高めるための「研修を充実させる」等、約束をさせています。学校司書採用にあたっては「専任・専門・正規」を強く訴えるとともに、地公臨を含めた学校司書の身分・権利の確立、給与の不均衡是正、図書費の増額などにも取り組んでいます。
 今年も私たち学校司書にとって、実り多き年になるよう引き続き活動していきます。

 わからないことや困ったこと、不安や憤りなど、何でもお寄せください。司書部は、あなたと一緒に考え、解決に努力します。
 あなたも司書部として一緒に活動しませんか。連絡をお待ちしています。

2015年正月 

(この項 2015年1月1日掲載)


学習交流会へのご参加、ありがとうございました

 8月2日(土)~8月3日(日)、安中市磯部温泉において、全国学校図書館学習交流集会が開催されました。

 「学校司書」が明記された改正学校図書館法が成立した前日には「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に登録されました。


 群馬県実行委員会では「ぐんまちゃん、おとみちゃんの世界遺産記念Tシャツ」を着て全国の学校司書・学校図書館関係者のみなさんをお迎えしました。

 遠路お越しくださったみなさん、ご参加ありがとうございました。

(この項 2014年8月22日掲載)


全国学校図書館学習交流会へ向けて

退職祝・記念写真 5月10日(土)群馬県教育会館において第61回司書部総会が開かれました。

 退職された松浦前部長の退職を祝う昼食会のあとの総会では、田中新部長より「全国学校図書館学習交流会」の群馬県実行委員会が提起され、総会後さっそく第1回実行委員会として活動を開始しました。

 みなさん、この夏は磯部温泉でお会いしましょう。参加申し込み・問い合わせは下のリンクからどうぞ。  

集会は終了しました。

http://koryu.ghtu.org/
オンラインで参加申込みができます。

(この項 2014年6月5日掲載/8月22日更新)




議長を務める松浦司書部長
 3月16日(日)全国教育文化会館において日高教司書部第25回臨時総会が開かれ、群馬から松浦司書部長が議長として参加し、規約の改正や今後の課題に取り組みました。

高橋千鶴子議員と
(20140317国会議員要請)
 さらに翌17日(月)には議員会館を訪ね、皆さんからいただいた署名を直接議員に託しました。群馬県選出議員では、小渕優子議員(議院文部科学委員長)、佐田玄一郎議員(衆議院・子供の未来を考える議員連盟)、中曽根弘文議員(参議院・文字活字文化活性化協議会・子供の未来を考える議員連盟副会長)、山本一太議員(参議院)を訪ねました。視察などで不在の議員も多く、すべて秘書対応でしたが、12月の県内の議員事務所に続き陳情しました。

 これからも学校図書館の充実に、学校司書の法制化に、ともに取り組みましょう。


(この項 2014年4月8日掲載/4月11日更新)




 昨年の「学校司書法制化」「学校図書館の充実」の署名では多くの方にご協力いただきました。ありがとうございました。司書部ではすでに、群馬県選出の国会議員(11月現在)を廻りました。複数の紹介議員を得て、今年の国会に請願署名を提出する予定です。

 秋には教育委員会と来年度の学校司書採用について交渉を進めるとともに、身分・権利の確立に取り組んできました。また、日高教司書部として超党派議員により発足した「学校図書館活性化協議会」の「意見聴取会」に参加し学校司書の必要性を訴えるなど、法制化の一翼も担ってきました。

 今年が学校司書にとって、実り多き年になるよう引き続き活動していきます。あなたも是非司書部の活動に一緒に参加してください。

   2013年正月

群馬県高等学校教職員組合 司書部 



松浦政子(松井田高校)

 学校司書として働いてきて、いろいろなことがありました。「専任・専門・正規」の職員として法での位置づけを運動している中で、1997年に学校図書館法の「改正」がありました。
 学校司書は、創り上げる職だと思います。私の学校司書としてする仕事が、後に続く人にも影響があると思っています。高教組司書部では、学校図書館のことを考えて勉強しています。全国にも仲間がたくさんいます。群馬で見ても全国で見ても、学校図書館にとってうかうかしていられない状況です。
 自分の仕事・学校図書館を考えてください。
 一緒にやっていきましょう。


SUB MENU

トピック

司書部ニュース

第3号
(記事のグラフに間違いがあり、削除しました。)
第2号
司書部ニュース第2号


PAGE TOP