文字サイズ変更
TOP支部・専門部専門部>事務部

事務職員部

佐藤昌良(桐生南高校)

 学校は教育活動の場であると同時に、一日の大半を過ごす生活の場です。教育活動が有効かつ創造的に行われるように施設設備を整備充実させ、安全・衛生を確保し、快適な学校生活で豊かな人格形成に役立つような環境づくりが必要です。
 私たち学校事務職員は、教育効果を高めるための条件整備をめざし、そのために生徒や教職員の要求や願いをどのように反映させていくかを常に考えています。このような想いや実践が「次代を担う子どもたちを育てる使命感」と言えるのでしょう。確かに授業はしないけれど、学校には絶対に必要な職種であると自負しています。
 そんな私たち学校事務職員に、いろんな要求をぶつけてみて下さい。良い授業をしたい(応援したい)、施設を・環境を良くしたい、そんな想いは学校に勤務する教職員全員の同じ想いであるはずですから。

「NIJI」

 事務職員のためのサイト「NIJI」へどうぞ。
 アクセスのためのIDとパスワードは本部へお尋ねください。

事務職員部総会

 2012年7月1日(日)午前10時から事務職員部総会が開かれ、昨年度の総括及び今年度の展望と運動方針が全会一致で承認されました。
事務部  教育費削減が続く中、厳しい学校予算のやりくりも限界に近くなっています。折しもPTA会費等の学校運営費への流用問題が新聞報道され文科省の調査が行われています。私たちの給与、処遇の要求も大切ですが、安全で快適な学校環境整備が重要な柱です。必要な教育予算は要求し続けなければなりません。
 今年度もアンケートや今年復活を期する個人署名などで事務職員の皆さんの声を集約し、県職連、県教委交渉に繋げたいと考えています。そして昨年今年と新しく採用された延べ24名の若者たちが、一人でも多く高教組に結集してくれることを願って総会を閉じました。

2012年「みんなのまど」第6号からの転載です。

SUB MENU

事務部サイト

NIJIへのリンク
IDとパスワードが必要です。


PAGE TOP