文字サイズ変更
TOP紹介>はじめてQ&A

紹介

はじめてQ&A

Q 組合のことは何も知らないのですが…?

A ハイ。大丈夫です。みんな最初はそうです。

 群馬県高等学校教職員組合は、群馬県内の公立高校・特別支援学校に勤務する教職員が組織する労働組合です。組合は経済的地位の向上をめざす団体であり、すべての教職員の生活と権利を守ることが高教組の使命です。毎年秋には、県内唯一の高校の組合として、県当局や県教委と交渉し、労働条件の改善を実現してきています。
 また、教職員の組合なので、教育実践や活動を交流し充実させる教育研究活動にもとりくんでいます。全国の仲間と交流できるのも、組合の魅力のひとつです。
 とりあえずあなたも、組合の活動に参加してみて、よかったら加入してみるのがよいと思います。もちろん、やめたいと思ったら、いつでもやめられます。

Q 組合費はかなり高いと聞きましたが…?

A 払った組合費以上の見返りを求めてください。

 組合費は(給料月額+教職調整額)×21.3/1000で、全国的には高くも安くもないレベルです。毎月数千円も払うのは確かに高い気もしますが、働く者がお互いの協力で、生活や権利・身分を守り改善するために使われているお金です。会議や交渉支援・教研活動の旅費や参加費も保障しているので、いろんな集まりに参加すればするほど安く感じるはずです。

Q 組合に入ると人事評価や人事異動で不利にならないか心配です。

A 組合があなたを守ります。

 そのようなことは、県教委も「あってはならないこと」と答えています。逆にパワハラなどの被害を受けたとき、県教委と直談判できるのは組合だけです。個人的に訴えても、まともに取り合ってもらえる保証はありません。



PAGE TOP